5年ぶりのスタジオ


ほほい。
今日も早起きが大好きな佐藤です。

昨日も早朝に目覚めてしまい、駅前に散歩に出かけました。
やめておけばいいものを、わたしはブックオフに行ってしまい、気付けば本を20冊ほど買ってしまいました。
これをリュックに背負い、まだ肌寒い仙台の街中を、一人だけ臭キモい汗をかきながらゼーゼー歩いておりました。

そんな散歩もやっと楽しくなってきたところで家にいる社長から「腹減ったよお」という電話。ふざけるな。チクショー。お前何歳だ。権力行使か。色々と文句が浮かび上がってきましたが、逆らえないのがこの部下の性。食材を買い、すぐに帰宅しました。

そして今日。
前々からab君と音楽スタジオでドラム練習をする約束をしていた日です。
15時頃、家に迎えにきてくれたab君。社長、わたし、ab君という謎の画のなかお昼ご飯を食べ、いざスタジオへ。

わたしは学生時代に軽音楽部でドラムに青春を費やした過去があり、今回はドラム初心者のab君にわたしが教えるというレクチャー兼「わたしの黒歴史蒸し返し祭り」の企画となりました。

とはいえ、先生であるわたしも学校卒業後5年ほどドラムに触れておりません。久々に当時使ってたお気に入りのジルジャンのスティックをタンスの奥から引っ張り出した時には、今日の練習におけるプレッシャーが押し寄せて、「わたしの体にチャドスミスが降りてきますように」と震えながら願い、またしてもドブ臭い冷や汗をかいてしまいました。

スタジオに着くと早速チューニングに取り掛かります。
このスタジオにあるドラムの「みんなに叩かれて疲れ切ってる感」が学校のドラムの雰囲気と酷似しており、懐かしくなりました。
そして久しぶりに叩くと、まず最初に当然ながら技術の衰えを実感しました。でもやっぱり楽しい。何これ超わくわく。やっふー。最高かよ!

ab君のことをすっかり忘れて叩きまくる佐藤。
しばらくしてやっと我に返り、ab君に簡単なリズムから教えていきます。

f:id:chosmari:20160308233005j:image

頑張るab君です。

最初は不慣れなab君でしたが、少しずつコツを掴んだようです。
一方わたしはab君のひたすらな8ビートが子守歌となってしまいウトウト。「飽きたら教えて」というサイテーな家庭教師のようにab君に教えていました。

あっという間に時間は過ぎ、スタジオ練習は終わりです。
また近々練習しようと約束し、ab君と解散。

その後はまーた国分町で飲んでしまいました。
今日はykちゃん、byo先生、yskw氏、hrt先生という豪華メンバーでした。

ペロンペロンになって社長宅に帰宅。
ベッドを陣取り大の字になりながら今に至ります。

明日はお休みなので、朝一に帰宅してまったり過ごします。
そして、今日大多数の人に「痩せろ!」と言われたので、もう本気でダイエットを頑張ろうと思います。理由として、かつてモヤシみたいだったわたしですが、その頃を懐かしむhrt先生の目があまりにも悲しげだったからです‥。

というわけで、
ダイエットをどうか応援よろしくお願いします。
そしてまたスタジオが楽しみです。


ではではー、
おやすみなさい。

広告を非表示にする