少年のように

 

久々にコムデギャルソンに気軽な気持ちで行ってしまったのが悪夢の始まりでした。

どうも、佐藤です。

 

もうすぐ自身の誕生日がくるため、何が自分でご褒美を買ってあげようと思い、先日仙台フォーラスの一階でその名をブイブイ言わしてるコムデギャルソンを見に行きました。

 

最初は赤いハートがイカした比較的リーズナブルであるプレイ類で心を落ち着かせ、次にシャツ等を見て帰ろうとした瞬間、店員さんというキラーに捕まり、お高いジャケットなどを試着するうちに緊張のあまり失神しそうになり焦りました。とりあえず終始眼球は震えていました。心臓は止まっていた気がします。

 

お財布に全くお金がなかったので結局何も買わずに立ち去る悪質なお客でこの日は終了しましたが、ジャケットでほしいものがあったので頑張って買えたら‥いいな!

 

f:id:chosmari:20160922071430j:image

 

店舗内に布団を敷いて寝たい。3日間くらい。

 

そして昨日。

朝からモヤモヤする気持ちで頭がいっぱいになり、また河川敷に散歩に出かけました。

 

 f:id:chosmari:20160922072453j:image

 

昨日は夕方に散歩に出かけましたが、早朝とは違い子どもたちが多く和やかな雰囲気でした。

この日はとにかくヘトヘトになるまで歩こうと思っていたので、前回の3倍くらいの距離をとぼとぼ歩いてきました。

きっとそのうち職場内や友人内で「河川敷」などというあだ名をつけられそうで怖いです。あと「ニート」とか「無職、金なし」とか‥。そこまで言われたらもういよいよ散歩どころではない。飛びこむからな!水中散歩かましてやっかんな!そん時は警察呼べよ!

 

f:id:chosmari:20160922072853j:image

 

燃えるような夏の緑だった河川敷の草木も、少しずつ枯れてゆきます。

人に馴れた鳩は群れを成し、翼を忘れてエサを食べていました。

雨は止んだが晴れる気配もなく、生温い風の中をただ進むだけでした。

途中、コスモスと目が合い、なんとなくウルウルしてしまいました。ここでも眼球は震えていました。

 

f:id:chosmari:20160922075012j:image

 

 しばらくぼんやりしたあと、「やっぱり特別にキレイな花じゃないよな」と心の中で呟き、Uターンして帰宅しました。

 

その後は人の波に混ざりコインランドリーに行きました。その時イヤホンで音楽をシャッフルにして聴いていたところ、自分の好きな曲が連続で再生されたことにニヤニヤしてしまいました。今思えばコインランドリーはガラス張りだったので、もしかしたら目撃者がいたのかもしれません。しかし、過ぎた事は仕方ない。もしニヤついたわたしを目撃した人がいたならば、いっそ伝説として後世に口承してほしいです。

 

今日は病院に行ったりhrok君におそらく飛び蹴りされたりと散々な一日になりそう。

まあこんな日もあるよね。24時間全てをあきらめよう。

 

そしてもし飛ぶものが好きかと聞かれたら、わたしは何て答えるだろうか。

嫌いだね。飛んでたら人を見下ろすことになるだろうからね。

鳥になりたいと思っているうちが一番ロマンがある気がする。わたしは地上で少年のように遊び、死んだら空を飛んでみせるよ。

 

ではでは、

ちょっと二度寝して頑張ります。

おやすみなさい!

 

 

広告を非表示にする