読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

崩れた心にカーテンを


ほほい。
引っ越し作業が完了しました。どうも、佐藤です。

最初はボロボロだった新居ですが、せっせと掃除をしたり、思い切って壁紙を白く塗り、一部を張り替え、さらに一部を緑色に塗ってもらったことにより、少しずついい感じの部屋になってきています。ただしこれから生活するのは宇宙一ダサいこのわたしです。


そんなわたしの新居には、新しく購入したカーテンが社長によって取り付けられました。そのカーテンの色合いも社長が決めたのですが、部屋になじむお洒落な配色となっております。

取り付けてから連日のように自身のセンスを自慢する社長ですが、わたしの部屋のカーテンを見ているうちに自宅にも欲しくなってきたのでしょう。今日は社長宅のカーテンを我が家仕様にするべく、同じお店に買いに行ってきました。

満面の笑みを浮かべつつ取り付けにかかる社長。わたしはお得意の仮病を使って、手伝いもせずにその様子を暖かな眼差しで眺めていましたが、ここで事件が発生しました。
なんと、カーテンの丈が清々しいほどに足りていないのです。
窓に対してあまりに短いので、わたしはしばらくカーテンを目の前にケタケタと笑い転げておりました。社長は平然を装っていましたが、心の中では号泣していたに違いありません。そしてこのあと社長は照明器具の付け替えにも失敗します。

散々な目に遭ってもクールな社長ですが、照明器具の付け替えを失敗した直後に突然ドリルで壁に穴を開け始めたのでビビりました。ヤケになって家を壊し始めたのかと思いましたが、実際は壁にネジを固定してそこに木製の棚を取り付けようとしていたのです。
そして、この棚も失敗します。

社長は楽しそうにしていましたが、それは彼のなかで、何か大切なものが音を立てて崩れた瞬間でした。

 

そんなことより、引っ越しで誰よりも疲れていた我が家の猫。この度は不安にさせてばかりで本当に申し訳なかったと思います。新居に慣れてくれるかどうかわたしも不安でしたが、どうやら少しずつ慣れてきているみたいで安心しました。

 

f:id:chosmari:20161213193809j:image

 

f:id:chosmari:20161213194121j:image

 

ワチャワチャした顔面の柄で分かりにくいですが、新居にてまったりお眠りになられています。

 

飼い主も新居に早く慣れて年末はぐーたらできるよう、頑張りたいと思います。

 

ではではー、

おやすみなさい!